薔薇 < ピュアな白いバラ >

薔薇 < ピュアな白いバラ >
バラの原種は北半球に原生する植物と言われています。
ギリシャ神話では、女神アプロディーテがキプロス島の海から誕生したとき、空からバラの花びらが降ってきたと言われたようです。イタリアの画家、サロンド・ボッティチェリの作品で、 “ ビーナスの誕生 ” に描かれている小さな花びらは白いバラなのでしょうね・・・
またアプロディーテが海から誕生したとき、大地が “ 自分にも神々のように美しいものを創造することができる ” とバラの花を産出したといわれています。やはりバラには歴史があり、美しいお花の代表とされていたのですね!

ある年
わたくしがまだ学生だった頃、父がバラの苗木を数本買ってきました。土をいじったことがない父が、裏の空き地に植えました。ご近所の方にアドバイスを頂き、バラの雑誌を読んで大切に育て、バラは美しく咲きました。翌年には、大きく成長し蕾もたくさんつけました。母は毎朝夕、庭に行き楽しみに眺めていました。深い赤、優しいピンク、濃いイエロー、そしてオレンジのバラも、お花屋さんでも見かけないような立派なバラが咲き始めました。この日母は早朝に、白いバラも咲いたはずと庭に行きましたが見当りませんでした。あまりにも美しく咲いたので近くを通った人が、枝を折ってお家に飾ったのかしら、などと思いながら近づいてみると、なんと根ごとごっそりとスコップのようなもので掘り起こされて無くなっていたそうです。母は父に伝えると、『見事なバラが咲いたので、綺麗だなと思って持って行ったんだね!』と、残念そうでした。塀の中の、あの大きなバラの木をどのようにして運んだのでしょう、他のバラも大倫で綺麗だったのに、どうして白いバラだけが無くなったのでしょう。本当に不思議で残念な出来事でした。
ご近所の方々も楽しみにしていたので、暫くは白いバラの話題が続いたようです。
それから私も、ますます白い薔薇を愛おしく思っています。

白いバラは、清楚で気高い雰囲気が有り大好きなお花の一つです。
またバラの香りも大好きです。クレオパトラもバラの香りを愛したといわれています。
白いバラの花言葉は、“ 純潔 ” “ 深い尊敬 ” “ 約束を守る ” です。西洋でも“ 純潔と純粋 ” と言われています。

白いバラは永遠の憧れのお花です・・・

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA